福島で出会いがあった名前を覚えていました

忘れないよ。
福島で出会いの祖母は認知症を持っています、そしてそれは5年前です。
ついに私は私のことを忘れました。私たちは孫のいとこの名前だけを覚えていましたが、彼らは福島で出会いまで覚えていました。

“はじめまして”

いつもの笑顔で優しい声で迎えてくれたおばあちゃん。涙は紛れもない挨拶ではなくなりました。私のことをずっと知っている人のために、「こんにちは。それは…と言われています……あなたはとても心を叱られています。
「おばあちゃん私は私です。私を覚えていてください。」
思わず私は詐欺のようなものを言った。おばあちゃんが困った顔
「あなたはどこかで会ったことがありますか?」
もはやおばあちゃんではないおばあちゃん。
「……家。初めてです。はじめまして。
そして私は福島で出会いの名前を言った。
‘ああ、私の孫と同じ名前。 「
私は私の祖母の前にいます、私はもう私の祖母の孫ではありません。言葉の多くは鋭く突き刺されています。
「ほら?本当に?」
「ええ。私はもうすぐ6歳になります。 「

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です