女の子に狂気を感じた赤坂の出会い

各階に直結している駐車場に立ち寄って施設に入る。エスカレーターを一階から降りる時が来ました。

赤坂の出会い
そこに女性がいました。
お辞儀をする女性でした。

これからミニコンサートをやっているようですが、制作前のリハーサルでした。

20歳の時点で、私はまだ20歳の女の子、またはそうでなければ、まだ狂気の感覚を持っている女の子です。

それは私が良い年齢で言ったことでした、しかし、私はコスプレのような外観にあったので、私は視線を送り、明滅せずに数秒間見ました。

赤坂の出会い
弓は優しい音をします。

 

赤坂でスタイリッシュな出会いを見つけよう

 

私は父の目を向けてしばらくの間耳を傾けませんでした。

赤坂の出会い私はその当時はオフィスパーソンなのかと思い、ビジネススタイルの若い男性がすぐに近づいていると思ったので、彼女に彼女のコンサートのチラシを渡しました。

「今、私はリハーサルをしています。ありがとう○○○」

その男はそのチラシを手渡した、そしてそれを言うために、再び去った。

急いでいるのは若いミュージシャンです。販売も難しい

チラシを見てください。

ハーレム準決勝?
私はあなたに能力があると思います。

チラシを裏返します。スケジュールはありました。

赤坂の出会い高月ジャズストライク?

「あ…………」

次に、私は私の目に飛び込んだキャラクターにちょっと目がくらんでいました。

“M. K”

一年前の9.11が起こります。
それは2000年に通常の宿泊施設のための箱でした。

赤坂の出会い
(それは長かったので、次に行きましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です